2020年12月30日

2020年ももう少しデス。

こんばんは。かんなぎです。
今年もあと30時間ちょっとというところまで来ました…。
という訳で今年の総評をば。

先ずは創作から。
今年は…そうですねえ、色々と書いてきました。
けれど、一作品も完結しないまま年を越しそうです。結構久しぶりかも?

なろうでは毎月新連載を7ヶ月ぐらい連続でやっていました。
途中で7作品ぐらいローテーションで回しているときは「何やってんのこいつ?」となりました。
その後、カクヨムコンに集中するためになろうをお休みしています。

結局年内の復活は叶いませんでしたが…来年は動きます!
先ずはカクヨム連載中の亀とASKを宜しくお願い致します。
あ、大晦日も更新しますよ。未だ1文字も書いていないけれど。

次はゲーム。
ゲームは面白いですねえ。今年は面白いゲームが出ました(今年も、かな?)
ゼノブレDE、剣盾DLC、ゼルダ無双…。でも一番面白かった(遊んでる)のはガレ魔女ですかね。

2020年にPSVitaのソフトなんですよ。
PS5とかXBOX Series Xとか出ているこの時代に、PS4とPSVitaで出す日本一の潔さ。
Switchで出してもそんな悪く無さそうなのに、PSハード独占で出す辺りがまた…。

そんなPSVitaのPS Storeで発売日になっても更新されなかったので焦りました。
もしかしてVita版はパッケージだけ…!?なんて思っていましたから。
でもまあ、遊べたので良し。今はナチル編遊んでいますよ〜。プレイ時間は27時間ぐらい。

あと遊んでいるゲームだと、ゼルダ無双とか?
無双って、ちょっと好き嫌いあったんですけれど、やっぱりブレワイの百年後じゃ遊ぶしかねえよなあ…。
しかし、結構癖があるキャラばかりが揃っているような。あとチェッキー若いなオイ。チェッキー。

あとはクッパを買うと1000円のコードが貰えるってんで、クッパを購入してきたこととか?
桃鉄にするかサクナヒメにするか、未だ見ぬ任天堂ソフトに投資するか…などと思っておりましたが。
フォロワーさんの「ブレワイ無双どうです?」でそれを買うことにしました。

あとはLA-MULANA(スペル違うかも)とGood Job!を購入。
Good Job!はそれを買った数日後にセール始まるというね。もっと早く教えてよ!
今年はあんまり遊べなかったので、来年はいっぱい遊びたいな。

今年のゲームの話題といえばもう一つ。
オクトパストラベラーのソシャゲですね。未だそれぞれの極めし者?編までしかクリアしておらず…。
プレイ時間も20時間を超えております。いやあ、でも爽快ですよね。

オクトパストラベラーって、あれをソシャゲに落とし込むことが出来るのかな?なんて思っていたのですが。
思えばキャラが沢山出るから、ソシャゲ向きなんですよね…。FGOと同じじゃよ。
フレンド対戦とかそういうのがないのも、気楽で遊べて良いですよね。たまに課金しています。

ソシャゲといえばFGOについても少しは触れておくか…。
最近あんまりFGOに時間を使えなくて、今回のクリスマスイベントも放置してしまいました。
サンタカルナ、悪くなかったんだけれどな…。ヴリトラは手に入ったから良し。

来年からは、ソシャゲの出費を抑えようと思います。
というか今までが課金し過ぎてたんだよな…。この前ざっと課金額計算したら青ざめました。
金額は言いませんが、それがあればもっと何か出来ただろうな…。

今年も色々ありましたが、何とか年末年始を迎えることが出来ました。
昨年は喪中だったので、2年ぶりのお正月ということになります。
コロナは大変だけれど、今は前を向いて進まなければなりません。

来年は良い年になると良いなあ、なんて思っていますが、どうなるかは分かりません。
コロナが少しでも良い方向に進んでくれれば良いのですが…、こればっかりは何も出来ませんからね。
とにかく、今は感染しないように全力を尽くすだけなのです。

2020年もありがとうございました。そして、2021年も宜しくお願い致します。
2020年は、400万文字の執筆をすることが出来ました(12月30日現在)。
最高記録を3年連続で更新しておりまして、ここ4年で1000万文字は書いています。

順調にいけば来年、累計2000万文字の大台に乗ることになるでしょうが…それは何とも言えません。
来年のことを言うと鬼が笑うと言いますし、何せ執筆だけで生きている訳でもありませんので。
ともあれ、来年は1900万文字ぐらいになれると良いな、と思いつつこの日記を締めたいと思います。

それではまたっ。

※年末年始の大晦日・元日更新はありますので、是非チェックしてくださいねっ! それでは、良いお年を!
posted by 巫夏希 at 17:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: